大泉貴『ランジーン×コード tale.4』

 

 大泉貴ランジーン×コードもいよいよ完結編に。
 tale.4はその前編にあたります。
 tale.3の終盤でちらっと登場した、ロゴの母親の凛子がコトモノを巨大な収容施設に移住させる計画を発表し、日本社会が混乱に陥っていき、キツネはコトモノのテロリスト集団に人質にされてしまいます。さらにロゴと由佐美も凛子の罠に嵌ってしまいますが……窮地の彼らを救出したのは意外な人物で……
 というところで前編終了。
 あまり救いのない展開ばかり続いていたため、最後の成美登場にはかなり救われた気が。
 これから反撃ののろしをあげる……といったところですが、凛子の真の目的だとか、そもそもコトモノは一体何故出現してきたのかだとか、解決しなければならない問題はまだまだありそうです。
 作中で起きた具体的な事件がまだバスジャックとトンネル崩落だけでバトルシーンも少なめと、アクション的には地味〜〜〜〜な印象がありますが、下巻は『シャングリ・ラ』のようなトンデモ変態SFバトルが起きて東京に核ミサイルなりなんなりが飛んできて最終的に古代に封印されたコトモノの元祖が目覚めてドンパチやると面白いなあ……。だってまだ変態筆頭のレックスとダッチワイフを操るコトモノが出てきてないから! 活躍してないから! 前者はまあよしとして後者はいつか出てくるんだと信じたい。